ぜんぶまとめて美味しい居酒屋

izakaya20年に何度か、学生時代の友達に会いに出かけます。午後から合流して一泊し、翌日は買い物や展覧会に出かけます。
もう長い付き合いなので、夜の食事は気楽なお店を選びます。レストランでディナーもいいけれど、たいてい居酒屋と決まっています。泊まる宿が決まったら、お互いにおすすめの店を検索しておき、どこにするか相談するのが楽しみです。
美味しい居酒屋と言うとき、彼女と私の意見は一致しています。
もちろん食べ物がおいしいのは大切。生ビールも重要、料理も豊富なことに越したことはありません。 続きを読む

ウスターソースとパン粉の相性が最高の串カツ

kushikatsu19串カツって、本当に奥の深いものだと思います。片手で持っては食べれる料理の代表格として長年に君臨しています。日本人の元祖というべき気軽に食べれる料理だと思うのです。

ちょっと小腹が空いた時に食べると、もう口の中が幸せな花が咲いたような気分になります。旨味が1口でジュワッと湧き出ます。

カラッとしたパン粉が香ばしく、豚肉の旨味と絡まって、絶妙なハーモニーを繰り広げるのです。豚肉を衣で閉じ込めて、それを串に刺してサッと揚げているなんて、ほんとに粋な食べ物です。

それだけではなく、甘いソースにサッとくぐらせて食べれば、より、そのソースが豚肉の旨味が引き出すんです。そのソースは、やっぱりウスターソースを付けるのがポイントです。

普通のトンカツは濃厚ソースが合うけど、やっぱり串カツにはサラッとしたウスターソースが本当に合います。

揚げたてだから噛むと熱すぎますが、そのソースに浸すことによって、これまた絶妙な熱さ加減となるわけです。 続きを読む

利用したきれいな居酒屋は個室が特徴的でした

izakaya19私が利用したきれいな居酒屋は、特徴的な和室や洋室が存在していました。指定の時間に利用する事を考えて、基本的に営業時間の前に座席を予約しておきました。店舗には落ち着いた雰囲気の和室があって、室内は天然の木材で作られている事によって恋人と癒されながら楽しみました。和室に入ると畳の上に座敷が敷いていて、畳の匂いを感じながら外の景色を楽しめました。高級な旅館で過ごしている感覚で、リラックスしながら過ごせた事が良かったです。宴会の専用の部屋もあったが、飲む場所によって料金が変動する事が特徴です。基本的に広めの部屋を選ぶと、料金が高くなる傾向です。
きれいな居酒屋は和食や洋食にこだわりを持っていて、梅酒などの酒類が20種類ほど用意されていて、好きな酒類を堪能できました。 続きを読む

バルでの飲み会はご褒美という位置づけ

bar_19人のおごりなら居酒屋でもファミレスでも、ぶっちゃけて言えば何でも嬉しいのですが、上司が大きな仕事の終わりに連れて行ってくれることのあるバルは、同じおごりの飲みでも特別な気がします。
高級店に行くわけじゃなく、あくまで団体でのワイワイ騒いで利用する規模のお店ですし、そんなに価格差が大きいというわけじゃないんですけどね。おごる側だとその些細な差が積もり積もるので、感覚として微妙に違うのかもしれませんが、おごられる側としては飲んで食べて盛り上がってしまえばどこでも同じ、ほとんど日常飲みとの違いは感じられないものの、それでもです。
やっぱり日本のざっくばらんな飲み屋とは違う、粗雑でありつつも洒落た雰囲気がいいと思いますし、お酒の種類も豊富で嬉しいですし、何より豪快な肉料理を食べられるのが最高なんですよね。 続きを読む

心温まる沖縄料理の居酒屋

okinawa19東京での生活に疲れて、そうだ沖縄へ行こうと思い久しぶりに一人旅を楽しんできました。一人旅と言っても、現地に友達家族が住んでいるので、空港に着いたら迎えに着てもらって、那覇市内の友達の家に泊まらせてもらいました。
同い年のその家族は、夫婦揃って共稼ぎなので忙しく、それじゃあ夕飯は近所の居酒屋に軽く食べに行こうということになり、連日地元の沖縄料理の居酒屋に通っていました。
友達行きつけのそのお店は、地元の人たちで大混雑している居酒屋で、沖縄名物のラフテーやトーフちゃんぷる、パパイヤサラダなどが超美味しいお店でした。特に私のお気に入りは、そーめんちゃんぷると島豆腐で、行くと必ずオーダーしていたおつまみでした。沖縄の人たちはお酒が強く、毎回訪れるたびにみんな泡盛を頼むので、こうなったらボトルで入れようということになり軽く1本入れました。 続きを読む

ワイルドに食べられるバルの肉料理

niku-bar-19お国柄なのか雰囲気的に合うからなのか、バルの肉料理は比較的がっつりと食べられるものが多い気がします。野菜の陰に隠れてしまうような、ちょこんとした肉ではなく、男らしさを感じる荒々しいビジュアルには、大変そそられます。
口どけがいい肉がおいしいという風潮もありますが、個人的には筋を噛み切る感触だとか、一度では噛み切れない弾力だとか溢れる肉汁だとかの方が、魅力的だと思うんですよね。野菜や魚では表現できない、あの肉ならではの力強さがいいです。
そんながつっとした肉料理たちを、お酒と共に思う存分味わえる、日本風の居酒屋やフレンチのレストランとは全く違ったバルというお店は、私にとっては唯一無二の存在です。久しぶりに肉をがっつり食べたいな、アルコールを摂取しつつ豪快に食事をしたいなという時は、必ずといっていいほどお店を利用して欲望を満たしています。 続きを読む

お気に入りの居酒屋

izakaya19行きつけの居酒屋は、500円で30種類の料理の中から3品選べるというお店です。1杯飲んで帰りたいときや、小腹を満たしたい時によく利用しています。もちろん大人数の飲み会の際に利用しても、たくさんの料理をシェアして食べることができるので良いと思います。

お酒もコップぎりぎりまで注いでくれますし、なんとも手作り感のある雰囲気が好きです。タッチパネルや、綺麗にラミネートされたメニュー表から注文するのは居酒屋では少し寂しい気がします。今日のおすすめ何?と聞いたり、壁に貼ってあるたくさんのメニューの中から選ぶ感じがとても良いのです。
続きを読む

女性にも嬉しい、バルの魅力。

bar119女子会でよくバルを利用しています。
お料理の種類が豊富で、少量から頼めるのがバルの魅力だと思います。
ピンチョスと呼ばれる料理が大好きです。
見た目もかわいいですし、一口サイズなのでとても食べやすいです。
生ハムやチーズ、パンとオリーブなどを合わせたピンチョスが特に美味しいと思います。
大きな机が無くても楽しめる料理が多く、シェアするというよりは個人で好きな物を好きなだけ頼めるという感じが良いなと思います。
好みや食べたい量は人ぞれぞれですし、会計も個人ごとにできるので、今の時代には合っている酒場だと思いました。
また、手で食べられるお肉料理も絶品でした。
スペアリブは、脂ものっていて味付けも濃いめでお酒がすすんでしまいました。 続きを読む

疲れた時にはガッツリステーキ

steak19疲労が溜まってきて気合いを入れたいと思ったときに、お肉を食べたくなります。大きなステーキって胃にもたれそうになるのですが、たまにガッツリと食べたくなるんです。そんな時には体が元気を求めているんだなと思って外に食べに行っています。家で大きな肉の塊を調理するのはなかなか大変ですし、ちょっと奮発して高級なお肉を一人で食べに行くのもまた楽しいです。
私はあまりレア感が好みではないので、お肉はミディアムからウェルダンに焼いてもらいます。お肉が固くなってしまうのではないかという心配も、奮発した高いお肉でしたら心配無用です。ソースもこってりめのものではなく、和風ソースや塩のみといった食べかたが気に入っていて、最近食べたお肉では酸味のきいたポン酢につけて食べたものが一番のヒットでした。お肉なのに食べた後もお腹にずっしりこなくて、あっさり食べられてとても美味しかったです。 続きを読む

ガイドブックを使ってお得なランチ探し

lunch19飲食店は無数にありますが、どこが美味しいのか迷ってなかなかお店が決まらないということがあります。
その時には口コミをみて参考にしたり、友達に聞いたりすることがあります。
他にもフリーペーパーやエリア雑誌などをみて美味しそうなお店を探しています。
すると、友達の一人がすごくお得な本を教えてくれたのです。
それはランチのガイドブックで、私が住むエリアの他にも全国の色々なところで発売されていることが分かりました。
この本に載っているお店の料理が500円で食べられるのですからかなりお得です。
早速私もこの本を買って、新しいお店探しをしています。 続きを読む