プロテクションフィルムしていて良かったです

protection_film19車を買ったのは一年前です。買った販売店である事をすすめられていたのです。それがプロテクションフィルムを貼ったほうがいいという事だったのです。

もちろん買ったばかりの車はとてもきれいです。でもその状態を維持する事はとても難しい事でもあったのです。できればいつまでもきれいなままの状態でいたいです。だから私は施行をお願いしたのです。 続きを読む

車のコーティングで洗車いらず。

coating19車のコーティングで洗車をする機会が減ってきます。
その理由は塗装にガラスの被膜を作ることで汚れなどが直接塗装に付くのを防ぎ守ってくれるからです。
1年くらいは持つので簡単に水洗いで落とせ楽になりますね、寒い時期は外で車を洗うことはつらいものがあります、水の冷たさは肌が痛くなりやりたくないですせめて水洗いで落とせるのですから手抜きもいいところです。
このように楽できるのはいいですがやはりお値段が気になることでしょう。
新車などでしたら迷わずするべきだと思います、新しく塗装もきれいですししておいた方が長く乗れしかもいつまでもピカピカの輝くを保っています。
しかし中古車などで色があせているものや乗れればいいと思っている人はそれほど愛着がないのでしたらやめておいた方がいいのではないかと思います。 続きを読む

車の修理は意外と高いです。

repair19車の修理は、意外と高くつくことが多いと思います。
あまり壊れても影響ない所でしたらいいのですが、走行系や運転にかかわるものでしたらやはりどうにかしないと危ないですね。
内装などが外れたり、割れたりしたくらいならば次回まで車検などでついでにしてもらうのもいいですが、雲煙やタイヤや走行系などが異常があると大変なことになります。
簡単な物なら自分でも部品を取り換えたり、例えばワイパーやランプなどこれぐらいは自分で出来るでしょう。
しかし専門的な物はやはり車の修理となります。 続きを読む

バスに乗るとついピンポン押したくなるのはなんででしょうね

bus19子どもの時だけでなく、大人になってからも、バスに乗ると何故か降車ボタンをピンポンしたくなります。

あたかも、それが自分に課せられた使命かのように(笑)かなり強い決意をもってバスのアナウンスに耳を傾け、降車ボタンに意識を向けている自分を客観的に見ていると、ちょっと笑ってしまうのですが。でも、やっぱりピンポンしたいのですよね、どうしても。ホント、不思議。

どうも、世の中には、同じようにピンポンしたい人が多いらしく。降りる人が多いバス停では、ちょっとした争奪戦が繰り広げられます。ひとつ前のバス停に止まって、発車して即「ピンポーン」。まだ次のバス停の名前アナウンスされてないうちからの、早押し対決だったり(笑)

たかが降車ボタン。されど降車ボタン。あの小さなボタンにいったいどんな魔力があるのでしょうか。 続きを読む

保険会社が関わった車の修理

car-repair-19もう10年ほど前のことでした。近所のスーパーで、後ろを見ずにバックしてきた車にぶつけられました。少し、傷がついた程度で、相手は平謝りの状態でした。しかし、相手の車も少し傷がついていました。そんなことから、まずは警察に連絡しようという話になりました。
さて、たいした事故ではなかったので、警察での調査もすぐに終わり、保険会社を通して、それぞれ車の修理を進めることになりました。保険会社を通しての修理なので、車の修理に関する自己負担は全くありませんでした。すべて、保険から出されることになったのでした。
しかし、保険会社からは、頻繁に連絡が入りました。また、事故の状況についても、あれこれときかれたりしました。 続きを読む

トラックドライバーは睡眠不足?

truck_Driver_19航空機、フェリー、鉄道・・・。
貨物を運ぶ方法はいろいろありますが、皆さんがよくお世話になるのは宅急便などのトラック運送ではないでしょうか。

ヨシケイ、宅配・引っ越しサービス、また高速道路を用いた長距離運送など、その仕事内容はさまざまです。

便利な私たちの生活は、トラックドライバーの支えがあってこそといえます。
特に高速道路の大型トラック運送業ですが、最近はとても苦しい業界として有名です。

下請け、孫請け、ひ孫請けという風に、運送の仕事を関連業者に次々と横流しして、その仲介料で利益を上げる、という会社が非常に多いためです。

そのため、結局その仕事をする下請けの業者の手元にはほんのちょっぴりの手数料しか入ってこなくなります。

これでは、いくら東京と大阪を往復したとしても、とても生活できる給料がもらえるはずがありません。 続きを読む