日常の相棒 Google Apps

日常とインターネット、スマートフォンは切っても切れない関係になった昨今。特に利用するサービスと言えばGoogleは圧倒的ではないでしょうか。

Googleが自社のサービス、アプリケーションを集めた「Google Apps」は日常のあらゆるものをより効率的に、より生産的に、より便利にしてくれるツールです。

Googleを使う上で個人的に便利なのはGoogle Chrome。自分のGoogleアカウントでブックマークを作ったりしておけば、新しいPCやスマートフォンを買った時にもサインインすればそれだけで同期完了。その他の設定の必要はほぼありません。

そしてスマホユーザーが増えた今、「Google Photo」は間違いなく最高のアプリです。スマホ写真の管理、そして圧倒的な画質向上による本体ストレージの圧迫はやっかいな問題です。しかし、Google Photoなら、画質を損なわない程度の高画質で無限にストレージに保存することが可能です(2018年4月現在)。

iOSのデバイスにも対応しているので、App StoreでアプリをダウンロードしてGoogleアカウントでログインすればiOSユーザーもその恩恵を受けることができます。

そのほかにも無料のメールサービス「Gmail」、マイクロソフトのオフィス系ソフトと同等の内容を無料で使える「Google Docs」「Spread Sheet」、スケジュール管理の「Google Calendar」などなど、Google Appsを使えばできないことがない「無敵感」はますます強くなってきている気がします。

コメントは受け付けていません。