遺品整理はとても疲れる

祖母がなくなった時に、自分一人で部屋の片付けをすることになりました。その時、なんとかなるだろうと軽い気持ちでいたのです。ほとんどの人がそんな風に、最初は思うと感じます。自分でできなかったら、誰かと一緒にやればいいという感じをもっっていたのです。

そして一人暮らしをしていた祖母の部屋に入ることになりました。本当に久しぶりだったので玄関からびっくりした事でした。祖母は、3年前から施設に入所していたのです。そのため、祖母の自宅にはほとんど来ることがなかったからです。
しかし久しぶりに来てみると、愕然とすることが多かったです。それは、まず足の踏み場もないほどものが散乱しているということです。そんなに大変な暮らしをしていたんだと改めて祖母の一人暮らしの現状を知ることができたのです。一人で体があまり動かず、そこらへんにものを置いていたと感じます。
そして、なんとか一人でゴトゴト整理をすることにしました。ところが、遺品整理をしてもしてもなかなか片付かないのです。これは、遺品整理にどれだけの時間がかかるのだろうと、気分的に辛くなったのです。結局、1ヶ月以上かかったので、とても疲れてへとへとになりました。これは、トラウマになるほど辛いことだと印象に残っています。

コメントは受け付けていません。