自然志向の埋葬方式である樹木葬

樹木葬は、花や木などを墓石がらりに埋葬する自然葬の方式の1つです。日本では、1999年以降採用されはじめた埋葬法で、近年このような形を選ぶ人が増えてきています。
樹木葬には、自然をいかした里山型と霊園内に区画に分けられた公園型があります。

里山型の場合、自然と一体化するケースが多く、墓標の場所がわかりにくかったり、掃除がしにくいといった特徴があります。その点、公園型の方はきちんと整備されているので、わかりやすく行きやすいといったメリットがあります。ただ公園型の中でも、1つの木の下に眠る合同タイプと個別タイプがあります。それぞれの希望で選ぶことができます。
樹木葬のメリットは、費用が割安で済むところです。相場が30~70万円程度となっていますので、負担が少なくて済みます。この他、基本、永代供養という形になっているので、継承者がなくても大丈夫なのもメリットとなっています。近年、独身者や核家族化などの影響で、なかなかお墓を守っていく継承者がいないケースが多くなってきました。そうした場合でも、永代供養で埋葬してもらえるので安心です。また、自然葬という形のため、家や宗教に縛られず、ゆっくり眠れるというのもメリットとなっています。

コメントは受け付けていません。