樽酒がうますぎる

tarusake19皆さん樽酒を知っていますか。知らない人の方が少ないでしょうか。とてもおいしいですよね。日本酒のことをこう呼んだりするようですが、日本酒の呼称というのはこれだけではないですよね。例えば生酒と言ったりしますね。さらに原酒、清酒などと呼んだりもしますよね。なぜこのように呼び方が違ってくるのでしょうか。もちろん呼び名が違うのですから意味も違ってきます。

まず原酒というのは、日本酒の一種ですがアルコール度数が高いものを指します。原酒とかかれている日本酒については、絞ったお酒に水を入れてアルコール度数を調整する作業である、加水を行っていないお酒のことを言います。このように日本酒は呼び名が様々あったりしているのですが、私が言いたいのはなぜここまで樽酒がおいしいのか。それは、樽のにおいとお酒が見事にマッチしているからだと言われています。樽には基本的に杉が使われていて、飲み頃になると杉の香りがいい具合にお酒とマッチするがために、ここまでのおいしさを演出しているのだと考えられています。ですがずっと樽に入れておけばいいというのではなく、長時間入れてしまうと樽の中の杉のにおいがお酒に勝ってしまって臭うということがあるので、飲み頃というのは非常に大切です。

コメントは受け付けていません。