知らない土地での居酒屋の選び方

居酒屋知らない土地で居酒屋を選ぶときはどうしますか?居酒屋にはいわゆるチェーン店と個人経営のお店があると思います。チェーン店にはさらに、全国的に展開している誰でも知っていうような「和民」「笑笑」「養老乃瀧」などの大手資本のチェーン店とその地域地域で展開しているチェーン店があります。大手資本のチェーン店はどこに行っても同じようなものが同じような値段で提供されること。つまり、知らない土地でもそのネームバリューでここならまず間違いはないだろうと安心して入店できることです。結構、安直なんですが実際にそういう決め方をしてしまうケースはそれなりにあります。

一方で、地域でのチェーン店、知らない土地であっても、○○1号店、○○本店のような感じで店案内しているところは「この地域で手広く営業をしているんだ」ということで安心感もあり、まだ選びやすいです。最後の個人経営の店。実は、入ってみるといいお店だったりするんですが、全く聞いたことがないお見えだったリ(よその土地だから当たりまえですが))、入り口が入りにくかったり(見た目、やばいんじゃないかとか)、お店がきたなかったりとか、人が入ってなさそうだったり。そういうお店はついつい敬遠しがちですなんですが、実際には綺麗じゃなくても人でにぎわっていたり、安くてよかったり、名物料理があってとても満足したりということは結構多いです。

なので、最近では知らない土地で居酒屋を選ぶ時にはなるべく、チェーン店ではなく、地元のお店を選ぶようにしています。ただし、はずれを引く場合があることをお忘れなく。

コメントは受け付けていません。